温故知新

モルタル塗りになっていたファサードを出格子に戻し「 玄関を入り土間を進めば台所 …」時代に逆行する様ですが誰しもが懐かしさを覚え、ほっとできる京町家の顔を再現。

オーナー様の思い出を大切に

改修にあたり、何より配慮したのが、オーナー様のこの家に対する愛情でした。
スケルトンにして、すっかり模様替えをする事はたやすい事では有りますが、思い出のいっぱい詰まった「家」という形を崩さず、より快適に過ごせる空間に造り替えました。

株式会社 武村工務店
武村邦弘
http://www.takemura-k.com/